呑気症候群を改善

悪い姿勢が呑気症候群に関係している可能性もある

呑気症候群は、大量の空気を食事などの時に呑み込んでしまうことにより、胃や腸に空気が溜まってしまうことで引き起こされる様々な症状のことをまとめて総称したものです。

正式な病名は、空気嚥下症と呼ばれているもので、良く知られている症状としては、ガス(空気)が溜まることによる腹部膨満感があって、それに伴ってオナラやゲップが頻繁に発してしまうものです。
また、個人によって違いはあるのですが、胸焼けや上腹部痛などといった症状もみられるケースがあって、これらの症状が起こることで日常生活に支障が発生してしまうことも少なくないのです。

この病気が発症する最大の原因は心因的なもので、過度なストレスによるものです。
その為、症状を改善する方法としては、原因になっているストレスを解消する以外には、有効で即効性のある良い方法はないのが現状です。
ただ、簡単に言葉でストレスを解消することが症状の改善につながると言っても、ストレスの要因も複雑に絡み合っている可能性もあって、実際にストレスを解消することは簡単なものではないのです。
では、何も対処法や治療法がないのかというと、そういうわけではありません。

ストレス解消を除いた有効な症状改善方法として、注目されているのは腹巻改善方法というものです。
使用するのは一般的にイメージするような腹巻ではなくて、ホールド力が強くてカイロを着脱可能なもので、綻びがないため素材も強い腹巻です。
例えるのなら簡易的なコルセットに近いものです。

なぜ使用することで呑気症候群の改善につながるのかというと、内臓を温めることによって血行が改善されて内臓機能が正常に働くようになるからです。
また、腹部廻りや背骨が腹巻を装着することによってホールドされることで、背筋が伸びて自然と正しい姿勢を取ることができるようになるからです。
この2つのことから腸内でのガスの吸収や移動がスムーズにできるようになり、ガスが溜り難くなって不快な症状が改善されるのです。
実は、猫背や前屈みの体勢で背筋が曲がった悪い姿勢をしていると奥歯を噛み締め易くなって、その結果多くの空気を吸い込みやすくなって症状を悪化させてしまうのです。
また、そのように曲がった悪い姿勢でいると、どうしても胃の中部の圧力が上昇して胃液が逆流しやすくなってしまい胃や食道に悪影響を与えてしまうのです。
基本的に症状の改善にはストレス解消しかないのですが、簡単にストレスを解消することが無理な場合には、この方法を試してみるのも良いです。

それから、悪い姿勢や体の歪みが何らかの形で影響していて、それを改善することで症状の軽減につながるので、整体や整骨院で治療するのも解決策として考えられます。
全身の歪みを確認しながら体を整えてくれるので、内臓機能に対しても良い影響を与えられるので、先に触れた腹巻と同様以上の効果が期待できます。
ただ呑気症候群は心因性以外にも、消化器に問題がある器質性の原因もあるのです。
非びらん性胃食道症や過敏性腸症候群など別の病気を併発している可能性も考えられるので、疑われる症状があるのならまずは消化器系の病院を受診することです。

呑気症候群を改善するなら「はまざわ整骨院」にお任せください。

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る