かみしめ症候群

かみしめ症候群は原因となるストレスを解消することが大事

思い当たる理由もないのに、酷い頭痛や辛い肩こりに悩まされている方もいるでしょうが、そうした頭痛や肩こりの原因は様々考えられます。
その為に、発生している原因が分かった時には、自分自身でも信じられない原因というケースもあるのです。
そのひとつが「かもしめ症候群」という病気で、あまり馴染みのない疾患でしょうが、悩まされている頭痛や肩こりの原因になっている可能性があるのです。

このかみしめ症候群というのは、知らず知らずのうちに奥歯を噛み締めてしまうことにより起こってしまう様々なトラブルのことで、噛み締めてしまう大きな原因はストレスです。
極度に緊張し時や怒りが込み上げる時などに、歯を食いしばって奥歯に力を入れることが多くあって、ほとんどの人が一度や二度は経験しているものです。
このように体に力が入るのと同時に口の中にもグッと力が入って、無意識のうちに長時間奥歯を噛み締めてしまうこともあるのです。
逆に、リラックスしている状態の時には全身の力が抜けているので、歯を噛み締めることはないのです。

ストレスなどによって知らず知らずのうちに、長時間奥歯を噛み締めてしまうと、顎関節症・頭痛・肩こり・めまい・目の奥や首の痛み・顎の痛み・倦怠感などのトラブルを引き起こします。
また、歯周病や歯のすり減りなどと言った歯自体のトラブルも起こしてしまうのです。
ただ歯を噛み締めることで歯周病や歯のすり減りといったトラブルが発生することは何となく理解できるのですが、一見関係ないような頭痛や肩こりが起こることが理解できないという方もいます。
しかし、先にも触れましたが噛み締めているといことは、全身に力が入っている状態で、それにより筋肉が過度に緊張してしまうのです。
その筋肉の緊張によりこりや痛みが発生するので、頭痛や肩こりと言った症状が起こることも不思議ではないのです。

かみしめ症候群を治すためには、無意識に噛み締めてしまう原因となるストレスを、何といっても和らげることが重要なことです。
寝ている時に噛み締めてしまうケースも少なくないので、寝る前にリラックス効果が高いと言われる入浴をすると良いです。
また、就寝前に軽いストレッチや腹式呼吸をすると、気持ちを落ち着かせてリラックスすることができて、副交感神経が優位になるので質の高い睡眠が得られます。
それに体の緊張もほぐれるので、噛み締めの予防にもつながります。
ホットミルクなどでリラックスさせることも良いです。
それから頭の両耳の上部分が固くなっていたり、押すと痛いと感じたりする場合は、噛み締め癖があると考えられます。
そこを指で気持ちいい程度に刺激してほぐしてあげると緊張もほぐれてリラックスできるので、頭頂部を軽くマッサージするのも効果的です。

骨格の歪みなどが原因で自律神経が圧迫されてバランスが乱れている可能性があって、それにより筋肉が緊張したりストレスを感じたりします。
その為、整体や整骨院で施術を受け骨格の歪みを整えると、自律神経の圧迫が解消されてリラックスできます。
その結果、かもしめ症候群の根本原因が改善されることでトラブルも解消されるのです。

かみしめ症候群の改善なら「はまざわ整骨院」にお任せください。

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る