脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症による痛みやしびれなどを解消するには?

人間の背骨は首から腰にかけて24個の椎骨が縦につながって形成されていて、その椎骨は切株のような円形の椎体と突起のある椎弓に囲まれた形状になっています。
そして、その中央は空洞になっていて神経の通り道となる脊柱管があるのです。
その為、その脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまうと、その中を通っている神経が圧迫され各組織に対する情報伝達が正常にできなくなってしまいます。
その結果、圧迫された神経がつながっている部位に、しびれ・痛み・冷え・麻痺・感覚の異常など様々な症状が発生してしまうのです。
このように脊柱管が狭くなって何らかの神経症状が発生する状態を総称して脊柱管狭窄症と呼びます。

主な症状は、先にも触れたように圧迫されている神経の部位で、馬尾神経型・神経根型・混合型に分けられます。
ただ共通している代表的な症状として、神経性間欠性跛行というのがあるのです。
これは、歩くと痛みやしびれが発生して歩けなくなるのですが、少し休むと痛みやしびれが解消して再び歩行ができるようになると言った症状です。

発症する主な原因は、加齢に伴う周辺組織の変化で、50歳代を過ぎた頃から徐々に脊柱管を囲む椎骨の形が変化したりします。
また、椎骨と椎骨の間でクッションの役割をする椎間板がはみ出てきたり、神経の周辺にある黄色靭帯というのが分厚くなったりして、脊柱管を狭窄してしまうことも原因となります。
ただ若い年代でも起こることがあって、その場合には変化の理由がケガや他の病気ということが考えられます。
原因となる病気としては椎間板ヘルニアや分離すべり症などがありますし、稀に生まれつきの遺伝が関係するケースもあります。

脊柱管狭窄症の病院での治療としては、加齢による変化が原因なので、薬を使用して痛みを和らげたり、運動や姿勢を注意して日常生活に支障がないように改善したりする保存療法が実施されます。
ただ、そうした病院での保存療法でも痛みやしびれが解消されない場合には、整体や整骨院での治療も検討してみると良いです。
整体や整骨院での治療では、痛みやしびれは筋肉の緊張により発生していると考えているので、筋肉の緊張を取り除く施術を行います。
また、神経性間欠性跛行が見られる方に対しては、深い部分に筋肉の緊張ができているので、その部分を治すことで痛みやしびれなどを解消していきます。

自律神経のバランスを整える施術も行われます。
これは痛みやしびれが長期的に続くことで自律神経のバランスが乱れて症状が強くなるといった痛みの悪循環が考えられるからです。
自律神経のバランスを整えることも痛みやしびれを緩和することにつながっていくのです。
それから免疫力の回復にも注目して施術を行います。
症状として起こる痛みやしびれの理由として免疫力の低下ということも考えられるからで、本来の自然治癒力を取り戻すことで再発を繰り返さない予防につながるのです。
このような治療を行うので、病院における治療と共に整体や整骨院での治療を併用することを考えてみると良いです。

脊柱管狭窄症の治療なら「はまざわ整骨院」にお任せください。

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る