不眠症の改善

不眠症を改善!

寝つきが悪い・睡眠中に何度も目が覚める・熟睡できない・早朝に目が覚めるなどの症状が慢性化している状態を不眠症と言います。
ただ、悩みや不安があって眠れない、枕がかわると眠れないなど、一時的な環境の変化や心理的ストレスで眠れないと言った経験をする人は多いです。
こうしたものは一過性と言われるもので、1~3週間程度不眠が続くのは短期不眠です。
また、発熱などの身体的要因や時差ぼけなどの生理的要因でも不眠になることがあって、こうしたことから不眠を安易に考えてしまうことも少なくないです。

しかし厚生労働省のデータによると、5人に1人が睡眠で休養がとれないと回答しているのです。
また、このような状況が続くことで体がだるい・日中に居眠りをするなど、日常生活に様々な支障を起こしてしまう可能性が考えられて本人にとっては深刻な問題になることもあるのです。
それから1ヶ月以上不眠が続く場合には、喘息や心不全などの内科疾患、うつ病や不安障害などの精神疾患が背後に隠れている可能性もあるのです。
不眠症は過眠症・睡眠リズムの異常・睡眠中の行動による不眠などの睡眠障害の一種であり病気なので、本人も含めて不眠を安易に捉えないようにすることが重要です。
ですから、まずは病院を受診して診察・検査を受けて、必要に応じて適切な治療を受けることも必要です。

不眠の原因として考えられることは、眠る時の環境が要因になっているケース、時差ぼけや交代制勤務などの生理的原因、悩みやストレスなど心理的な問題で眠れないケースなどがあります。
また睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群、ふくらはぎや足先がむずがゆくなったりほてったりするむずむず脚症候群、寝ている時に足の筋肉が痙攣する周期性四肢運動障害などの器質的疾患も原因として考えられます。
それから、うつ病や不安障害などの精神科領域の病気に関しては、不眠を伴うことが多いのでこうした精神疾患も要因になると言えます。

このように様々な要因が考えられるのですが、最も大きな要因として考えられるのがストレスで、大人だけではなく子供にも家庭・学校・職場などあらゆる環境にストレスが存在しているのです。
ストレスは心身に影響を与えるので不眠を引き起こすのです。
また、昼夜という本来の自然なリズムを無視した24時間社会というのも、ストレスと共に大きな原因のひとつです。
昼夜逆転の生活など一定の生活リズムを保つことが難しい環境では、生体時計の機能にズレが生じて睡眠と覚醒のリズムを正常にコントロールできなくなって不眠につながるのです。
こうしたことでも理解できるように、不眠症は現代社会特有の症状のひとつと捉えられるのです。

と、まあこれらは病院での対処法や認識の範囲内の事です。

実際にはストレスだけではなく肉体面の以上も十分に考えられます。

特に頭蓋骨のゆがみがあると多くの方が睡眠の質が低下します。

寝つきが悪い、途中何度も目が覚める、朝起きづらい、日中に眠くなる・・・等です

当院では内臓の調整、頭蓋骨の調整、体のゆがみの調整でこれらの問題に対処し、さらにヒーリングで自律神経に直接働きかけるエネルギー療法も併用するため回復は早くなります。

全く諦めることはありませんので、どうぞ一度ご相談ください。

不眠症を改善するなら「はまざわ整骨院」にお任せください。

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る