パニック障害の改善

パニック障害は自律神経を調整する治療が大事

動悸・めまい・息苦しさ・胸のつかえ・手足の震え・しびれ・吐き気・汗が止まらないなどと言った症状が突然襲う疾患がパニック障害です。
症状はとても辛くて自分ではコントロールできませんし、このまま死んでしまうのではないかなど強い不安を感じてしまうと言った特徴があります。
また、うつ症状を引き起こすこともあるのです。
それから人が多い場所や緊張する場面でパニック症状が出たことを思い出して、症状が発生したらどうしようと考えて、強い不安を感じ症状を起こしたり症状を悪化させたりしてしまいます。
ただ、こうしたパニック症状は自分を守ろうとする機能のひとつであって、誰でも持っているもので誰にでも起こりうる可能性のあることなのです。
例えば大きな恐怖を感じた時に、心臓の動きが早くなり呼吸も激しくなる状態と同じなのです。

原因は、心臓・脳・血液検査など病院で様々な検査をしても異常が見つからない場合が多いため原因が判明しないことが多い

その為、精神的な問題とされることが多くて、自律神経のひとつである交感神経の敏感な反応と考えられることが多いです。
ちなみに交感神経とは、心臓をドキドキさせる・呼吸を早くする・胃腸の働きを抑えるなど、体を活動的にする時に働く神経です。
その為、緊張している時やストレスを感じている時には、交感神経の働きが活発になることから、過剰に働くことで症状が起こると言われているのです。
この交感神経が敏感になる原因としては、家族の問題・長時間の仕事・プレッシャー・人間関係のストレス・不規則な生活習慣・睡眠不足など様々なストレスです。

こうしたパニック障害をそのまま放置していると、症状がさらに酷くなることが多くあります。
それによって、家事ができない・仕事を休職する・外出ができない・学校に登校できない・家に引きこもるなどの様々な問題を引き起こして、普通の日常生活ができなくなることもあります。
しかし原因を見つけてしっかりと治療すれば良くなる病気で、自律神経を正常な状態に戻していくことがポイントになります。
主に心療内科などで治療を受けることになって、多くの場合は交感神経の過剰な反応を抑える目的で精神安定剤などが処方されます。
ただ精神安定剤はクセになることが多くて、薬に頼り過ぎると薬を手放せなくなるといった問題がありますし副作用の心配もあります。
その為、薬だけに頼らないで自律神経の治療を心がけることも大事になります。

パニック障害を治すためには自律神経を調整する必要があって、交感神経の過敏な状態を正常にすることです。
その為には、体をリラックスさせる・体を修復するといった働きがある副交感神経の働きをアップする必要があります。
また、人間が本来持っている自然治癒力(免疫力)を高める体質改善も症状の治療や再発防止につながるのです。
はまざわ整骨院での治療は、自律神経の調整や自然治癒力のアップなどを得意としています。
病院での治療と共に整体や整骨院での治療を併用してみることも考えると良いかと思います。

薬の否定もいたしませんし、必ずお役に立てると思いますので、遠慮なくご相談ください。

パニック障害の治療なら「はまざわ整骨院」にお任せください。

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る