呑気症候群の対処法

呑気症候群の種類による原因と対処法

空気を飲み込むことや歯を喰いしばることにより、無意識のうちに多くの空気を飲み込むことで、胃の不快感やゲップ・胃の痛み・上腹部膨満感・腹鳴・オナラなどの症状が起こるものが呑気症候群です。
空気を飲み込むことで起こることから空気嚥下症とも言われています。
このようにオナラやゲップなどの胃の不調が頻繁に起こって困っている方は、意外と多くて日本人の8人に1人が悩んでいるといった情報もあるほどです。
健康診断などで特に内臓などで異常が見られないのに、日頃からお腹が張りやすかったり、ゲップ・オナラが出やすかったりする場合には可能性が高いと言えます。

この呑気症候群は原因などにより3つの種類に大きく分類することが可能です。
1つ目は胃や腸などの消化器の異常や姿勢・歯の状態などが原因で起こる器質性で、これは比率的少ないと考えられています。
この場合の対応としては、レントゲンや胃カメラなどの検査で異常が見られる部分を治療することです。
また、特に異常が発見できずに日常生活にも支障がない場合には、治療の必要はありませんし特に心配する必要がない状態といえます。

2つ目は食べ方の癖・話し方や呼吸の癖・歯の噛み締め癖などで多量の空気を飲み込んでしまう習慣性です。
具体的には、早食いや遅食いに伴って良く噛まずに食べてしまう癖で、食べ物と一緒に必要以上の空気を吸い込みやすくなるものです。
それから話す時などに歯を噛みしめてしまったり、息をする時に口呼吸になったりする癖があることで、空気を多量の吸い込みやすくなると言われています。
こうした習慣性への対応としては、食事の仕方を見直して改善したり、日常生活における行動の仕方を改善したりすることで症状が改善することが多いです。
生活習慣や食習慣を改善していくことがポイントになると理解しておくと良いです。

3つ目はストレスで心因的な嚥下が多くなって、結果的に空気を飲み込みやすくなる心因性で、このタイプが一番多いと言われているのです。
ストレスで精神的に不安定になっている状態で食べ物を飲み込むと、意識しないうちに多くの空気を一緒に飲み込みやすくなるのです。
またストレスが強くなると寝ている時に歯ぎしりをしたり、歯を喰いしばったりしてしまい症状が引き起こすことも多いのです。
それから心因的な原因から発症している場合には、お腹が鳴る・ゲップやオナラが出るとことに対して神経質になり過ぎて、余計に症状を引き起こしてしまうことも多いです。
このように悪循環に陥る可能性があるので注意が必要です。

ストレスが原因で起こる心因性の対応としては、環境の調整や薬物療法などによる治療が必要になります。
また、ストレスによる体の緊張状態を解くことを意識しながら、自律神経の乱れを整えるための治療も行うと自然と症状は改善の方向に向いていきます。
病院での治療も良いですが、はまざわ整骨院では、こうした体の緊張を緩和したり、自律神経を整えたりして改善させる事が可能です。

是非一度ご相談ください。

呑気症候群の改善なら「はまざわ整骨院」にお任せください。

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る