頸椎ヘルニアによる方から腕にかけての痛み

頸椎ヘルニアによる方から腕にかけての痛み

昨日来られた患者さんをですが、40代の女性です。

テニスをしたらその後から右肩が痛くなったようでいらっしゃいました。

体を診ると、全身のバランスが非常に悪く
背骨も骨盤もボロボロにゆがんでます。

何処が特に悪いのか?

原因は?

それがわからないくらいにぐちゃぐちゃだったので、話を聞きながら身体を診察。

 

その方いわく、毎日酒を飲むことが多く沢山飲んだ後はよく肩が痛くなると。

確かに肝臓やすい臓が弱ると肩が痛くなりますし、元に調べると内臓も弱ってます。

 

まず、ヒーリングで内臓を最適な位置に戻して気の流れを整えます。

これだけが原因なら痛みはかなり緩和されるはずですが、殆ど変わらず。

 

次に全身をざっとヒーリングして気の流れを整えていくと、
内臓や自律神経の不調も出てきてそれらも取り除いていきます。
最終的には骨盤の歪みと頸椎の歪みが残りました。

 

それを聞くと、何年も前から時々首が痛くなって動けなくなることがありました!と。

これは私が常々気を付けてることですが、

 

原因は1つではありません!

 

必ず色んな因子が複合しています。

1つに断定したら判りやすくて簡単ですが、他の問題に気づけません。

よくあるのが、病院では老化とか、過労の1つで片付けます。

確かにそれもあるでしょう。

 

じゃあ、老人は皆そうなのか?
と聞けばそうじゃない。

 

その他の原因を色んな所から調べるのが大切です。

この患者さんは恐らく、頸椎のゆがみかヘルニアによる神経の圧迫の痛みでしょう。

その原因は・・・

体質による頸椎の歪みやすさ

姿勢のゆがみ

頬杖をつく姿勢により発生する頸椎のゆがみ

内臓の疲労「肝臓・膵臓等食生活系の問題」

運動不足による筋肉の柔軟性、全身の循環の低下

等がざっと見受けられました。

整体で骨ズレを治しても骨は真っ直ぐになっても痛みは殆ど変わらず。

これはヘルニアだなと思い、ヒーリングで椎間板や神経の修復のエネルギー調整をしてようやく少しマシになりましたと。

 

ヒーリングで調整していくと普通の整体の半分位の期間での回復も期待できます。

でも、きついヘルニアだとしばらく日にちがかかります。

 

私の経験では早くて1ヶ月、長くて半年とかなりバラツキがあります。

 

私生活の負担も影響しますのでそうなってしまってるのでしょうが、
その方は恐らくいつも頬杖をついてソファーに座ってテレビを毎日長時間見て、
それがストレス発散の習慣のようです。

テレビは良いとして、頬杖だけはやめましょう!と理解してもらって、しばらく時間はかかるけも、どうしても痛い時期は薬局で売ってるロキソニン等の痛み止めで抑えながら徐々に回復するまで定期的に調整しながらしていきます。

その方はテニスで痛くなったから筋肉痛のようなものだと思われてたようです。

逆に筋肉痛なら1回で治ってたでしょう。

骨のズレでも割りと早く治ります。

しかし、ヘルニア等の骨折のような器質的な問題は時間がかかります。

しかし、病院では恐らく対処なしの薬か注射。

ひどいと手術なんで、それはどうかと私は思ってますので、頼ってきて頂いた方は何とか自然に回復するよう最大限サポートさせてもらって再発しないような骨格の調整と日常生活の見直しをして頂きたいと思ってます。

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る