腰痛やヘルニアでお悩みの方へ

腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の誤った見解

腰痛や座骨神経痛で苦しまれてる方は非常に多いです。

そしてまずは整形外科に受診されます。

そこまでは当然です。

まずはレントゲンやMRI等で重篤な問題が無いのかをしっかり調べる必要があります。

実は骨にひびが入っていたり、腫瘍ができていたり、骨の病気になっている事もありますので大切なことです。

 

しかし、問題はその後です。

腰痛で整形外科で言われるのはまずは、若い人なら筋力をつけなさい、ストレッチをしなさいでしょう。

高齢の方なら、骨の変形、骨の間の隙間が無くなってきている。

もしくは歩きなさい、痩せなさいではないでしょうか?

重篤な問題が無いのはそれはそれで一安心です。

 

しかし、これと言った解決策も無く終わってしまっているのも現状です。

なかには、ヘルニア、すべり症、分離症、坐骨神経痛等と診断され酷い方はブロック注射や手術を勧められます。

 

ここから少し、私の見解での話になります。

筋力が無いのが腰痛の原因なのでしょうか?

筋力がしっかりあって、身体の柔らかい人でも腰痛の方は沢山らっしゃいます。

スポーツをされてる方にも腰痛の方は多いのです。

 

さらに、高齢のなって方の骨の変形ですが、実際にかなり変形して骨の隙間がなくなっていても痛くない人が多いのも事実です。

仮に骨の骨の変形が痛みの原因であるなら、何故日によって痛みが違うのでしょうか?

腰痛の方はほとんどの方が、痛みは日によって違います。

骨や神経が原因なら必ず常に痛いはずです。

このような事実から従来の整形外科での腰痛の捉え方に疑問を持っていました。

 

普通の人はある程度信用して一生懸命運動をしたり、軟骨を増やすサプリ等を摂取されます。

しかし、これも逆効果もあり、腰痛によっては運動のし過ぎで悪化する場合もありますし、サプリの取りすぎで腎臓や肝臓へ負担がかかりよけいに具合が悪くなると言った事もおこります。

 

つまり、整形外科では重篤な疾患を除く慢性的な腰痛はほとんど改善されないというのが現実のようです。

そのため、整体や整骨院でマッサージなどを受けられる方も増えてきました。

しかし、マッサージも一時しのぎです。

多くの方がそれには気付かれてるはずですが、他に手だてがないからうまく付き合っていこう・・・

そんな感じでしょうか。

しかし、腰痛には本当の原因があります。

 

当院での経験上、大きく分けて

・背骨や骨盤や姿勢のゆがみからくる筋肉のコリや炎症

・内臓の疲労による筋肉の緊張や炎症

・エネルギーの流れの停滞による体のゆがみや筋肉の緊張

・自律神経の乱れによる筋肉の緊張や血流不良

・精神的なストレスによる、血行不良や筋肉の緊張

等になり、これらが複合していることが多いのです。

 

それらの原因を見極めて最適な施術をしないと根本的には改善しません。

ヘルニアと診断されても、実際は上記のような原因でこれらを解消するとヘルニアが消えたわけじゃないのに症状が消えると言った事例は非常に当院では多い事です。

今一度、ご自身の腰痛との向き合い方を見なおして頂き、根本解決のきっかけになれば幸いです。

不明な点や、疑問、ご相談は遠慮なくお問合せ下さい。

 

豊中市岡町北1-1-10

はまざわ整骨院

TEL06-7504-2313

mail hamazawa-seikotsuin@leto.eonet.ne.jp

8:00~13:00  16:00~20:00

水曜、土曜午後、日祝休診

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る