肩こりの改善

肩こりの改善

肩こりとは?

肩こり」とは病名ではなく症状です。

また明確な定義があるわけではなく、人それぞれが独自に自分に起こっている症状を表現しています。

「こり」「張り」「重だるさ」「こわばり」「つっぱり感」「痛い感じ」「違和感」

などで表現される事が多いです。

なんと欧米では日本で言う「肩こり」と一致する症状名は存在しないのです。

肩こり」という表現や概念自体なく、日本独特の症状名なんですね。

肩こりの訴えは一定ではなく人によって様々で、自覚のある人やない人がいらっしゃいます。

肩こりが起こるメカニズム

肩こりに一番関係する筋肉は、首の後ろから肩〜背中にかけての筋肉で「僧帽筋」と呼ばれている筋肉です。

その他、もっと深い位置に「肩甲挙筋」や「頭・頚板状筋」などがあり、これらの筋肉が重さ5〜6キロの頭を支えています。

重たい頭を支え、腕を動かしたりする際にも筋肉を使いますので、常に筋肉は緊張しています。

筋肉は緊張し疲れて硬くなります。硬くなると筋肉内を通っている血管を圧迫して血液の循環が悪くなり筋肉に十分な栄養がいきわたらず筋肉疲労がたまります。

筋肉疲労がたまることでますます筋肉が硬くなり肩こりを起こします。

また、筋肉が硬くなり血管を圧迫したり、抹消神経を障害ししびれや痛みも起こります。

肩こり3分類

筋肉が硬くなり血流悪化や抹消神経障害が元で起こる肩こりですが、肩こりは3つに分類する事ができます。

1つは原因疾患が明らかではないもの、1つは整形外科疾患が元で起こるもの、1つはその他の疾患に伴い起こるものです。

分類1)原因疾患が不明と言われる物(遺伝などと思われていたりとかなり多いです)

  • 精神的なストレス
  • 悪い姿勢
  • 目の疲れ
  • 運動不足

筋肉が過剰な負荷やストレスを受けて、緊張が極度になり疲労が起こり、血流が悪くなり肩こりを起こします。

悪い姿勢や運動不足は典型的な肩こりの原因です。

特に近年はパソコンで仕事をする事が多く、同じ姿勢で作業をしたり、画面を凝視する事によ目に疲れがたまります。

パソコン作業の時は腕を前へ出すため肩は前かがみになりがちです。

この姿勢を長時間とることで、頭を支える肩から首にかけての筋肉に負担がかかり肩こりが起こります。

その他、身体的なものではなく精神的なストレスも肩こりになる事は実体験から理解している方も多いと思いますが、精神的なストレス受けると、交感神経が優位となり特に首から肩にかけての筋肉が緊張し肩こりが起こります。

大多数の「肩こり」を訴える患者さんは、この分類に入ります。
spine-257870_1920

分類2)整形外科疾患

  • 変形性頸椎症
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頚肩腕症候群
  • 肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)

整形外科疾患が原因となり、随伴症状として肩こりが起こっている場合があります。

頚には、頸椎(けいつい)と呼ばれる骨があり筋肉と共に頭を支えています。

この頸椎に変形があったり、頸椎と頸椎の間でクッションの役割をする椎間板に変形が起こったりする事で変形性頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアになります。

そのまわりに痛みやしびれが起こり、いわゆる「肩こり」の症状が起こります。その他、頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)や肩関節周囲炎なども「肩こり」を伴う疾患です。

これは実際はかなり痛みも強くしびれもあったりで、ただの肩こりではありません。

分類3)その他の疾患に伴って起こる

  • 高血圧症
  • 狭心症
  • 貧血
  • 更年期障害
  • うつ病

整形外科領域の疾患以外でも「肩こり」を伴う疾患があり、注意が必要です。

高血圧や狭心症など循環器系の疾患でも肩こりを起こすことがあります。

まとめ

「肩こり」は日本人の多くが症状を持っており、肩こりのために病院や整骨院へ受診し治療を受けている患者さんは少なくありません。

原因は不明の事が多いですが、

多くは悪い姿勢や食生活の乱れ、運動不足が原因です。

が、中には重大な病気が原因で肩こりが起こっている場合もあります。

原因不明の「肩こり」では、肩こり以外の症状はありませんが、病気が元で起こっている肩こりの場合は、肩こり以外にそれぞれ特有の症状を合わせてもっています。

たかが「肩こり」と放置せず、他に気になる症状を併せ持っている場合は、一度ご相談ください。

整体で良くなるものはしっかりと治しますが、怪しいと思われるものに対しては病院で受診して頂くようお伝えさせて頂きます。

肩こりを改善するなら「はまざわ整骨院」へ

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–

06-7504-2313
豊中の無痛整体【はまざわ整骨院】 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel06-7504-2313

大阪府豊中市岡町北1丁目1-10
阪急宝塚線 岡町駅 徒歩1分

ページトップへ戻る