images (3)

「妊娠してから今まで痛くなかった腰が痛いんです…」そういったお悩みを抱えて当院整体を受けに来院されるお客さんは多く、皆さん家事への不安・仕事や通勤の不安・そして出産への不安を感じていらっしゃいます。

私の妻も3度の出産を経験し、私もそれを常に身近で見ていたのでよくわかります。

あなたも妊娠によって腰痛やお尻の痛みを感じて悩んでいるのではないでしょうか?

日々、こういったお客さんへの施術をしていると、仕事や家事を「休めない」というプレッシャーがかかっているように感じます。

そういう状況では、「このまま出産まで腰が痛いままなの?」「なんでこんな痛みがでるの?」といった不安を感じて当然だと思います。

この記事では、「妊娠による腰痛やお尻の痛みの原因」と「その対処方法」について紹介しますので、参考にしてください。

妊娠初期段階でも腰痛は起こる

「妊娠後お腹が大きくなってくると、体への負担はかかるだろうから腰痛はでやすいんだろうな・・・」

と言うことはなんとなく想像できると思いますが、実は妊娠初期段階でも腰痛は起こります。

その大きな原因は卵巣ホルモンにあります。

卵巣ホルモン「リラキシン」が起因する

エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは聞いたことがあるかと思いますが、リラキシンというホルモンは聞いたことはあまりないのではないでしょうか?

妊娠後、すぐにこのリラキシンという卵巣ホルモンが分泌されるのですが、このホルモンには出産のための準備をスタートさせる役割があります。

どういうことかというと、赤ちゃんの居場所である骨盤内のスペースをつくるために骨盤周囲の靭帯(骨と骨を繋ぐ組織)を緩ませる働きがあります。

そうすることで、赤ちゃんの成長から出産にむけて骨盤が少しずつ開くようになります。

ダウンロード (5)

骨盤が緩むことで腰痛がでやすくなる

この現象が起こると、骨盤は当然緩んできます。

よく、「骨盤がゆがむと腰痛の原因になる」といったことを女性誌などで見かけませんか?

骨盤が緩むことで体の土台が不安定になり、その不安定な状態で生活していると骨盤の関節や骨盤のすぐ上に乗っかる腰椎、筋肉に今まで以上に負担がかかりやすくなります。

そのため腰痛やお尻の周囲などの痛みや、ダルさがでてきます。

筋肉量の弱い方の方が腰痛になりやすい

妊娠初期~腰痛になる人もいれば、妊娠後期でお腹が大きくなってから痛くなる方もいます。

その方達の違いの一つに体幹部分の筋肉が関係します。

体幹はいわゆる腹筋や背筋、インナーマッスルを言いますがこの筋肉が強い方は、骨盤が緩んだときにも筋肉が安定させる力があるので、腰痛になりにくくなります。

そのため、普段から運動不足にならないようにこまめに動いたり、階段や歩くなど動くことに意識をもって生活しておくことは大切になります。

妊娠中期~後期にかけての腰痛

images (2)

この時期に入ると、腰痛やお尻の痛みなどを訴える方が初期よりも増えてきます。

腰痛といっても人によって、痛む場所は様々です。

腰の右左、中央だけ、上部下部、お尻や股関節周囲、恥骨や仙骨、尾骨の部分など人により訴えるところは違います。

当院のお客様でも、「恥骨や坐骨が痛い」方、「腰と右のお尻が痛い」方など沢山のパターンをお聞きします。

赤ちゃんの成長とともに…

赤ちゃんの成長はとても嬉しいものですね。

日々成長に愛しさを感じたり、お腹を蹴られる感じに驚いたりと。

それと同時に子宮の増大による圧迫と、その子宮を支えるために自然と重心が前になり、腰を反らせる姿勢になり、腰にかかる負担がさらに増えてきます。

負担をかけたまま生活することで、腰に蓄積されていく負担が増し、痛みが強くなってくるという流れになります。

その姿勢により腰痛以外の症状も

お腹が大きくなってきた妊婦さんの特徴的な姿勢により、腰痛以外にも様々な症状を感じる方が非常に多いです。

  • 肩こり、首こり
  • 頭痛、吐き気
  • 息苦しい、胸の圧迫感
  • 疲れがとれない
  • 足のむくみ

といった症状を訴える方が実際のお客さんに多くなります。

このような症状も妊娠中だから発生する症状ではありますが、妊娠中だからとあきらめるものではありません。

適切に治療をすれば、軽減、改善するものです。

調整、対処するポイントは骨盤だけではない

妊娠中の腰痛の問題は、骨盤のバランスが崩れているのはもちろんですが、内臓の疲労や位置の問題があります。

骨盤の位置を調整することはもちろん大事ですが、子宮を含めた内臓の位置や疲労の調整が必要になってきます。

子宮の増大によりお腹が大きくなると、腎臓が後方に圧迫されたり、横隔膜の動きが固くなって呼吸が浅くなったり、その結果、周囲の各臓器の動きが固くなるといったことになります。

そのため対処としては、骨盤のバランスを整え、内臓の疲労や位置の調整をすることによって血液循環を良くして、体のゆがみ、バランスを整えていくことで、腰痛やお尻の痛み、その他の症状の改善につながります。

まとめ

妊娠中の腰痛やお尻の痛みはほとんどの方が経験されます。

しかし、きちんとした施術をすることでその症状は改善され、安心して出産に望むことができるようになります。

当院では、妊娠初期から臨月まで、腰痛や、辛いつわりや、お腹の張りや、むくみのケアに通院されてる方も多く、皆さん安産で出産されています。

うつ伏せになれない方でも、安全に確実に改善できますのでご安心ください。

施術中、体の状態が良くなってくると、お腹の張りが緩み、赤ちゃんがよく動きます。

気持ち良いんだろうなーと私も和む気持ちになります。

妊娠中の腰痛や体調管理は「はまざわ整骨院」にお任せください。

———————————————————————————-
大阪府豊中市岡町北1−1−10
阪急宝塚線 岡町駅から、徒歩1分
腰痛・肩こり・自律神経失調症が得意!はまざわ整骨院
ご予約・お問い合わせは 06-7504-2313
お気軽にお問い合わせください!
http://hamazawa.info
———————————————————————————–